木村唯(花やしき)の死去原因は横紋筋肉腫!横紋筋肉腫とはどんな病気なの?

ども、れっかです。

ヤフーの雑誌を見ていたら、ランキングのトップに以前亡くなってしまった木村唯に関してのことが1番上にありました。

僕は、その木村唯という方が誰なのかわからず、興味を引いたので調べてみたところ、

もう以前に亡くなってしまっていることがわかりました。

今回は、その死去原因や病気について調べていこうと思います・


[スポンサーリンク]

木村唯について

名前:木村唯

生年月日:1997年8月13日

2012年:15歳で小児がんが発症

2013年:15歳で右足切断

2015年:永眠

木村は、花やしき少女歌劇団というアイドルグループに所属していました。

小児がんという病気と闘い、右足を切断してまでアイドルとしての人生を全うしました。

決して、テレビで大活躍しているというわけではありませんでしたが、

花やしき少女歌劇団として最後までアイドルとして活動しました。

そして、2015年に永眠してしまいました。

そんな18歳2か月というあまりにも早すぎる生涯を終えた木村についてさらに詳しく調べていこうと思います。

花やしき少女劇団とは

浅草が160年の歴史を誇る遊園地であるのは、花やしきですよね。

その花やしきの傍らに存在する、アクターズスクールに通う生徒で構成されるのが、

この花やしき少女歌劇団です。

歌手に憧れていた木村は、9歳の頃からその花やしき少女歌劇団に所属していました。

花やしきへの900円の入場料だけで、歌劇団の公演を見ることができるので、

浅草への観光時にはぜひ訪れることをお勧めします!


[スポンサーリンク]

死去原因について

横紋筋肉腫

木村の死去原因は、小児がんの横紋筋肉腫という病気です。

横紋筋肉腫とは、小児がんの一つで、

骨や筋肉や脂肪といった軟部組織にできる悪性腫瘍

のことです。

小児がんという名の通り、子供にできることが多く、3分の2の症例は10歳以下に発生します。

現在では、医療の進歩により70%の子供たちが病気を克服することができるようになりましたが、

以前は絶望的な予後の悪さでした。

主な症状

死に至るほどの怖い病気というものは、意外と初期症状がなかったりもします。

この横紋筋肉腫という病気がまさにそうです。

初期症状はほとんどなく、気づいた時には一気に加速していき手遅れになってしまいます。

木村の場合は、の深部に腫瘤ができてしまい、それが急速に成長・増殖したことにより、

しっかりと歩けなってしまい、足を切断せざるを得なくなってしまいました。

腫瘤が大きくなってくると、神経を圧迫するような痛みが伴います。

発症場所は足以外にも、泌尿器・生殖器・眼窩・鼻咽頭・頭頚部などにも発症します。

まとめ

今回は、木村唯の死去原因について記事を書きましたがいかがでしたか?

最近は、芸能人の病死などのニュースも増えてきていますね。

過去にも同じようなことがあったことは、これからも起こる可能性が高いので、

病気などの発見をいち早くできるようになることが望ましいですね。

今後、病気などでの死去が少なることを願いましょう。


[スポンサーリンク]


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする