日本版トマホークの威力と値段がやばい!射程はどれくらい届く?

ども、れっかです!

今朝のニュースで、日本製のトマホークミサイルを政府が開発の方向で検討していることがわかりました。

防衛相省が、2018年度から研究を始める予定の対艦ミサイルに、

対地攻撃能力の付加を計画しています。

日本が対地巡航ミサイルを本格的に開発するのは今回が初めてとのことです。

てことで今回は、トマホークミサイルの威力や値段などについてまとめていこうと思います!

[スポンサーリンク]


トマホークミサイルの威力

対艦攻撃用のトマホークは、ハープーンミサイルの誘導システムを応用しており、

敵艦隊の発する電波を探知するパッシブ式と、トマホーク自体に内蔵されたレーダーで探索するアクティブ式を併用し、目標に向かいます。

そんな、高性能のトマホークミサイルの威力は、

1発で通常の艦艇はもちろんのこと、大型艦も戦闘不能に陥れるすさまじい破壊力です。

射程は、約3000kmほどだと言われており、対艦攻撃用トマホークミサイルだと、約460kmほどです。

3000kmというと、平壌から日本の首都圏くらいの距離なので、

もし小太りの指導官が手をたたくと、日本はひとたまりもないですね。

価格は?

アメリカがシリアに向けて撃っているトマホークミサイルは1発あたり

90万ドル

らしいです。日本円に換算すると、

約1億円

ほどになります。

トマホークミサイルは弾頭を変えることにより、値段が変動するらしいので、

おおまかにいうと

7000万円~1億円くらいとみてよいでしょう。

1発でこれほどの値段となると、日本が開発したら経済はどうなってしまうのでしょうか・・・

トマホークミサイルは核も搭載できるらしく、その時の値段は

1億5000万円ほど

だそうです。

[スポンサーリンク]


まとめ

今回は、トマホークミサイルについて記事を書きましたがいかがでしたか?

日本も開発を進めているとのことですので、他人事というわけにはいきませんね。

外部からの危険から守るための開発なので、僕は大賛成です。

今後も、開発に努めてもらいましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする