わさおの飼い主の菊谷節子の死因は間質性肺炎!病気はいつから患っていた?

ども、れっかです。

ぶさかわ犬で大人気だったわさおの飼い主の菊谷節子さんが、

11月30日午前0時21分に亡くなってしまったそうです。

今まで何度もテレビで見かけてきたので、

本当に悲しいです。

今回は、死因の間接性肺炎や病気はいつから患っていたのか調べてまとめていこうと思います。

関連記事:わさおに奥さんと子供がいた?!

[スポンサーリンク]


菊谷節子とわさお

菊谷さんとわさおは、2008年にぶさかわ犬と面白おばあちゃんとして大ブームになりましたね!

覚えている人もいるだろうし、そうでない人もいると思います。

そんな2人の出会いは、鰺ヶ沢町で焼きいか店を営んでいた菊谷さんが、

捨て犬のわさおを拾い育てたことです。

わさおは、ぶさかわ(不細工だけどかわいい)として人気になり、写真集が出版され、

映画「わさお」も制作されました。

そのわさおの映画には、薬師丸ひろ子さんや鈴木砂羽さんなどがキャストとして出演しました!

[スポンサーリンク]


死因の間質性肺炎とは?

菊池さんの死因となった間質性肺炎という病気は、

肺の間質組織の線維化が起こる疾患の総称です。

進行して炎症組織が線維化したものは、肺線維症とも呼ばれるようです!

主な症状としては、

呼吸困難呼吸不全が主体となっています。

この2つの状態は、息を吸っても吸った感じがせず常に息苦るしいという状態です。

主な治療法には、ステロイドホルモンや免疫抑制剤が使用されます。

間質性肺炎になってしまう原因はいくつかあり、主に

ウイルス感染・膠原病・放射線・パラコートなどの中毒

があります。

病気はいつから?

発端となったのは、2013年1月に患った肺炎だと考えられます。

この肺炎による入院が、わさおはすごい寂しい思いをし、

ストレスを感じてしまったことから毛が大量に抜けてしまったそうです。

この肺炎を患ってから菊谷さんは、体の免疫力がすごく低下してしまい、

病気にかかりやすくなっていたそうです。

[スポンサーリンク]


ツイッターの声

まとめ

みんなから愛されていたわさおの飼い主の菊谷さんが亡くなってしまったことは、

本当に悲しい出来事だなと思いました。

わさおはまだ普通に生活していますが、

年齢のこともあり、病気などによくかかってしまうそうです。

今後のわさおはどうなるのか少し心配ですね・・・

できるだけ長く生きてほしいですね!

【わさおの今後についてはこちら】

わさおの今後はどうなる?

[スポンサーリンク]


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 佐藤万里子 より:

    わさおくん、もし来れるならば、おばちゃんは、山形市に住んでますが、おばちゃんと暮らしませんか?
    おばちゃん飼い主のおかあさん亡くなり悲しいことと思います。
    おばちゃんは、わさおちゃん、大好きだよ。