赤染晶子の経歴や死因は?死去したのはいつで病気にかかっていた?

ども、れっかです。

2010年に「乙女の密告」で第143回芥川賞を受賞したことで知られる、

赤染晶子さんが、死去していたことが判明したそうです。

赤染さんと言っても、知らない人も多いと思います。

正直、僕自身もあまり詳しくないです(笑)

今回は、そんな赤染さんの死因についてやいつ死去したのかなどについて

まとめていこうと思います!


[スポンサーリンク]

赤染晶子プロフィール

名前:赤染晶子(あかぞめあきこ)

生年月日:1974年10月31日

出身地:京都府舞鶴市

主な受賞歴:第99回文學界新人賞・第143回芥川賞

赤染さんが、多くの人に知られるようになったのは、

2010年に芥川賞を取ってからだといえます。

そんな赤染さんは、京都外国語大学外国語学部ドイツ語学科を卒業したあと、

北海道大学大学院文学研究科ドイツ文学専攻博士課程を中退しています。

死去したのはいつ?

赤染さんですが、死去したのは実は結構前の、

2017年9月18日らしいんですよね。

死去したと発表されたのは、2017年12月10日です。

年齢はまだ42歳と全然若いほうですが、

病気が原因で亡くなったとのことなんです。

若くして、死にまで追い詰めた病気はなんなのでしょうか?


[スポンサーリンク]

死因は急性肺炎

赤染さんの死因は、急性肺炎だと発表されています。

急性肺炎とは要するに肺炎のことで、肺の炎症性疾患の総称です。

主な症状は、発熱・痰・呼吸困難・全身倦怠感・胸痛

などがあげられます。

発症初期はのどの痛みはあまりないようですが、

痰を排出しようとすると咳を繰り返すことで、

炎症を起こす場合があります。

主な原因は、細菌・ウイルス感染・寄生虫・非感染症

などがあげられます。

日本人の死因第3位がこの肺炎だということなのですが、

それは主に高齢者の方に多いようで、

若い世代の確率は低いです。

赤染さんはまだ若い世代に入るので、

おそらく体が人よりも弱かったなどの原因が考えられますね。

活躍していただけに、本当に残念です・・・

ネットの声

まとめ

赤染さんが死去してしまったとのことですが、

なぜ発表が遅くなったのでしょうか?

それは詳細などがないのでわかりませんでしたが

少し気になりますね・・・

今は亡き赤染さんですが、

赤染さんの努力のたまものである、

第99回文學界新人賞や第143回芥川賞は一生残ります。

なので安心して安らかに眠って欲しいです・・・


[スポンサーリンク]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Kazuhiro Kurohara より:

    今日(こんにち)、42歳の人が肺炎で亡くなるのは異例。免疫不全を起こす持病があったのではないかと推定します。例えば、進行癌の治療のために抗がん剤を投与されていた、とか。関節リウマチやSLEのような自己免疫疾患で副腎皮質ホルモン剤や免疫抑制剤を相当に長期間服用していた、とか。きっと闘病しながら執筆なさっていたのでしょう。合掌。