岸勇希がしたセクハラの内容がえぐい!独立や結婚経歴があるものの・・・

ども、れっかです!

岸勇希さんがブロガーの

はあちゅうさんにセクハラ・パワハラをしていたことが発覚しました。

そのことで今炎上していますが、

セクハラやパワハラの内容とはなんなのでしょうか?

気になったのでまとめました!

[スポンサーリンク]


ニュース詳細

作家・ブロガーとして有名なはあちゅうさん(本名:伊藤春香)も、その一人だ。

大学卒業後、2009年に入社した大手広告代理店「電通」でセクハラやパワハラを受けたという。BuzzFeed Japanは、

はあちゅうさんの証言を受け、複数の電通社員に話を聞き、はあちゅうさんが「加害者」と証言した男性にも取材

をした。

その男性とは、岸勇希氏。

2004年に電通に入社し、その4年後に「コミュニケーションをデザインするための本」を出版。2014年には電通史上

最年少でエグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターに就任し、2017年に独立。株式会社「刻キタル」の代表

取締役に就任している。

世界最大級の広告の祭典「カンヌライオンズ」で金賞をとるなど、国内外での受賞歴も多数ある広告業界で日本有

数の人物だ。

はあちゅうさんは当時のことを忘れられずにいたという。最近、岸氏が新たな本を出版したことで露出が増え、そ

の苦しさが蘇ってきたこと、#metooの動きがきっかけとなり、証言することを決意した、と話す。

セクハラ・パワハラ内容

はあちゅうさんにしたセクハラやパワハラの内容が相当ひどいようなので、

具体的に挙げていきましょう。

▪強制的に飲みに誘い、かわいい子を呼べと脅す

▪深夜にもかかわらず、「俺の家に来い」

▪寝ていても電話をかけまくる

▪はあちゅうさんを黙って正座させ続ける

▪性的な関係を要求

▪底辺の人間の知り合いは底辺だという

ひどい発言内容は、

▪「お前みたいな顔も体もタイプじゃない。色気がない」

▪「お前はこの会社に向いていない」

▪「お前が誘ってきたことにするから」

▪「体も使えないのか?」

▪「広告業界では生きていけなくなるぞ」

この発言は、本当にごく一部のもので、

これ以上ひどいものもたくさんありました。

常日頃からこのようなことを言われ続けていたようです。

ひどすぎますね。

[スポンサーリンク]


岸勇希謝罪文

当時自分がとても理不尽なことをし、嫌な思いをさせた、とても苦しめたことを、お詫びしたくて連絡しました。

本当にごめんなさい。当時の自分には自分なりの理由があったのだけど、それ自体が稚拙で傲慢で愚かな考え方だ

と改めて思い、深く反省しています。長く苦しい思いをさせ続けたこと、心からお詫びします。謝れるなら、直接

会って謝らせてほしいけど、今更それも許されないと思うし、そもそも今更謝っても、許されないと思うけど、本

当にごめんなさい。

彼女を傷つけたことを現時点では強く認識しております。現時点ではと書かせて頂いた理由は、当時は(8年前だと

思いますが)、私の認識や理解が未熟で、後輩への指導とハラスメントの境界が、正しく認識できていなかった為

です。

ここ数年、自分がハラスメントや差別問題に興味を持ち、学んでいく過程で、自分が過去に人を傷つけていたこと

に気づきました。今頃にしか気づけなかったことは、大変恥ずべきであり、情けなく、ただただ申し訳なく思って

おります。今更ではありますが、自分の言葉でお詫びをすべきだと考え、Facebookのメッセンジャーで謝罪をした

次第です。

8年前のことで、全ての詳細を記憶できていませんが、少なくとも「深夜の呼び出し」は事実です。ただ、それに至

る前後の文脈については、補足をさせて下さい。

また「性的な関係を要求したこと」に関しては、否定をさせて頂きます。

え、今気づいたのですが、

セクハラをしていたのは8年も前だということですかね?

そう考えると、何で今さら・・・

て感じですが。

まとめ

セクハラやパワハラをする人の脳内思考を少し覗いてみたいな。

なんて思いました。

相手を支配していることに快感を覚えているのかな?

どちらにせよ許しがたい行為であるには

変わりありませんね!

[スポンサーリンク]


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする