カヌー日本代表候補の薬物混入の犯人は誰?名前や顔画像が特定された?

ども、れっかです!

朝から衝撃的なニュースが飛び込んできました。

カヌー日本代表候補の選手が、ライバル選手の飲み物に薬物を混入させたという事件です。

今回は、その犯人は誰なのかなついて調べていこうと思います。


[スポンサーリンク]

ニュース詳細

昨年9月に石川県小松市であったカヌー・スプリントの日本選手権で、カヤックシングル(1人乗り)に出場した男子選手(32)が、別の男子選手(25)の飲み物に禁止物質を入れ、レース後のドーピング検査で陽性になっていたことがわかった。2人とも、昨年8月にチェコであったスプリント世界選手権の日本代表で、2020年東京五輪の日本代表入りを目指すトップ級選手だった。

禁止薬物を混入した選手は、日本カヌー連盟や日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の調べに対し、2020年東京五輪出場が危うくなったと感じライバルを陥れようとした、と説明している。

関係者によると、禁止薬物は筋肉増強剤とも呼ばれるたんぱく同化ステロイドの一種。加害選手はインターネット通販で入手し、レース中に放置されていた被害選手の飲料水用ボトルに混入した。

レース後に気づかずに飲んでドーピング検査で陽性になった被害選手は無実を主張。日本カヌー連盟が調べたところ、混入の疑いが浮上した。疑われた加害選手はすぐに認め、陽性になった選手に謝罪したという。昨年12月までにJADAの調査で全容が判明。8年の資格停止処分を決め、近く連盟が発表する。


[スポンサーリンク]

薬物混入犯人は誰?名前や顔は?

犯人の名前や顔などの詳細は発表されていないのですが、情報を集めればある程度は特定できますね。

▪︎昨年9月に日本選手権にカヤックシングルに出場している

▪︎昨年8月の世界選手権で日本代表として出場

▪︎年齢は32歳で男子選手

この3つの情報から考えると、

犯人は鈴木康大さんという可能性が高いんですよね。

まず、32歳なのが鈴木康大さんしかいないという状況なので。

追記:犯人は鈴木康大さんで確定。

合わせて読みたい

鈴木康大の嫁はあの有名カヌー選手だった

ただ、あくまでもネットの情報からの予測なので、もしかしたら違う場合があります。

その場合は、この記事を削除させていただきます。

ちなみに、被害を受けた選手は、25歳男子選手ということで、小松正治さんではないかなと思います。

こちらも、25歳は小松正治さん一人なので可能性は高いですね。


[スポンサーリンク]

ネットの声

合わせて読みたい

鈴木康大の嫁はあの有名カヌー選手だった

まとめ

犯人の犯行動機は、『東京五輪が危うかったから』とのことです。

今回の犯行によって確実に出場できなくなってしまいましたね。

なによりも、被害者の選手がかわいそうですね。


[スポンサーリンク]