コロプラの提訴理由や原因は何?任天堂から特許侵害で訴えられる

ども、れっかです!

衝撃的なニュースが報じられました。

あの有名アプリの「白猫プロジェクト」を運営しているコロプラという会社が、

任天堂に提訴されたとのことです。

今回は、そのコロプラが提訴された理由について調べていこうと思います。


[スポンサーリンク]

ニュース詳細

コロプラは1月10日、任天堂が同社に対し、スマートフォン向けゲーム「白猫プロジェクト」の配信差し

止めと損害賠償44億円の支払いを求めて東京地裁に提訴したと発表した。

提訴は2017年12月22日付。任天堂広報室によると、任天堂は5件の特許について侵害されたと主張。

「タッチパネル上でジョイスティックを操作する際の技術の特許」などが含まれているといい、現時点

ではそれ以上の回答は控えるとした。

コロプラによると、16年9月に任天堂から特許侵害の指摘を受けたという。「1年以上にわたり時間を

かけて真摯かつ丁寧に、任天堂の特許権を侵害しないことを説明したが、当社の考えが任天堂に受け入

れられるには及ばず、訴訟を提起されるに至った」という。

コロプラは「当社のゲームが任天堂の特許権を侵害する事実は一切無いものと確信しており、その見

解の正当性を主張していく方針」と争う構えだ。同社の広報担当者は、「具体的な内容に関しては、係

争中のため回答を控える」としている。

損害賠償44億円・・・

相当高い金額ですが、なにがあったんでしょうか?


[スポンサーリンク]

提訴理由や原因はなに?

今回コロプラが、任天堂から提訴された理由は、

ぷにコンではないかといわれています。

正確にいうと、ぷにコン全部がダメというわけではなく、

ぷにコンの一部がダメということらしいです。

まず、ぷにコンというものはなにかというと、

画面をフリックすることで、キャラクターを動かす機能といえばいいでしょうか。

どうやら、ぷにコンを使用するという特許は取得していたそうなのですが、

ぷにコンを使用するための技術やプログラムは許可がなかったようです。

簡単に説明すると、車の外見などのデザインの特許は持っているけど、

車を動かすためのエンジンの特許は持っていないということです。

そのエンジンを勝手に使用したことにより、エンジンを開発した会社から特許侵害だと言われているといった状況ですね。

今回提訴をした任天堂ですが、以前から何度かコロプラに指摘をしていたそうです。

それを見事に無視していたコロプラに今回提訴したということですね。

ちなみに合計で、ぷにコンに対する特許侵害は5件あるそうです。


[スポンサーリンク]

ネットの声

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする