弥吉淳二の現在の死因や入院していた噂について調査

ども、れっかです!

ギタリストの弥吉淳二さんが亡くなってしまったとニュースが報道されましたね。

弥吉淳二さんは、椎名林檎さんの元旦那として有名だったのですが、

その死因はなんなのでしょうか?

また、入院していたという噂につい調べていきます!


[スポンサーリンク]

弥吉淳二プロフィール

名前:弥吉淳二(やよしじゅんじ)

生年月日:1968年5月17日

出身地:福岡県

職業:ミュージシャン・プロデューサー

弥吉淳二さんは、一流のミュージシャンとして様々なアーティストのサポートをしていました。

ギターやバックバンドでライブに参加したり、プロデュースや編曲を担当したり・・・

そんな活躍をしていた弥吉淳二さんが死去されたということで、本当に残念な気持ちです。

周りからは「やよっしー」という愛称で呼ばれていて、人として人気のある人でしたね。


[スポンサーリンク]

ニュース詳細

病気療養中だったギタリストの弥吉淳二さんが、26日午後9時31分に入院先の病院で死去したことが30日、わかった。49歳だった。

所属事務所は「生前のご厚誼に深く感謝するとともに謹んでお知らせいたします。約2年半の闘病ではありましたが、本人の希望により病気を公表しておらず、みなさまには突然のお知らせとなりましたことをお詫び申し上げます」と文書で発表した。

葬儀は故郷で近親者のみで行われ、「訃報のご連絡も葬儀後とさせていただきました。後日、東京にて『お別れの会』を予定しておりますので改めてご案内させていただきます」としている。

弥吉さんは、椎名林檎のバックバンドのギタリストを務め、2001年1月に椎名と結婚。翌年1月に離婚した。吉川晃司、aikoのサポートギターなども担当し、編曲家としても多くの作品を手がけた。音楽関係者によると、闘病中も積極的に音楽活動を続けており、aikoファンの間では「やよっしー」の愛称で親しまれていた。

死因はなにで入院の噂

死因は病気だということしか公表されていませんでしたが、ツイッターで気になる投稿がありました。

これを見る限りだと、膀胱がんが死因だということになりますが、

その詳細はありませんでした。

49歳という年齢から考えても、癌という可能性は低くはないのかなと思います。

ちなみに、膀胱がんは女性より男性のほうが4倍近くもかかりやすいと言われている病気で、

喫煙で確率が上がってしまうそうです。

弥吉淳二さんは、2年半前には闘病生活を始めていたということなので、

入院はしていたようですね。

そう考えると、膀胱がんという可能性は高くなってくると思われます。


[スポンサーリンク]

ネットの声

こちらもおすすめです

http://rekka11.com/2018/01/30/弥吉淳二(ギター)のwikiや東京事変との関係はな/

まとめ

ギタリストで椎名林檎さんの元旦那として有名だった弥吉淳二さん。

49歳という若さで亡くなられてしまい、本当に残念な気持ちです。

詳しい死因ははっきりとしていないものの、闘病生活を送っていたという事実はあり、

大変な生活を送られていたんでしょうか。

ご冥福をお祈りいたします。


[スポンサーリンク]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする