小曽根実は病気が死因?顔画像や経歴などについて調査!

ども、れっかです!

ピアニストとして活動をしていた小曽根実さんが死去されたとのニュースが入ってきました。

その死因となったのは病気なんでしょうか?

顔画像や経歴などについても調べていきます!


[スポンサーリンク]

小曽根実死去

神戸のジャズ界を支えてきたピアニスト・オルガン奏者の小曽根実さんが亡くなっていたことが16日、分かった。83歳。

【動画】長年愛用の電気オルガンの傑作「ハモンドB-3」を演奏する小曽根実さん

神戸市須磨区出身。小学生のころから独学でピアノを始め、関西大学在学中からピアニストとして活動。読売テレビ「11PM」への出演をはじめ、テレビの司会、ラジオのパーソナリティーなどを多数務めた。

阪神・淡路大震災で自宅や拠点としていたライブハウスが全壊したが、「神戸ジャズは健在なり」をテーマに、コンサートツアーを行った。

神戸ジャズCITY委員会委員長としてジャズのファン層拡大に努めたほか、神戸市中央区などで音楽教室を開くなど、地域の音楽文化振興に尽力。井植文化賞、神戸市文化賞、兵庫県文化功労賞などを受けた。

死因は病気?

今回死去された小曽根実さんですが、その死因となったのは病気だったそうですね。

その病気の病名は心不全

年齢は83歳と高齢にあたり、病気にかかりやすくなってしまっていたんでしょうね。

いつから心不全を患っていたかなどは、情報がなかったのでわかりませんでしたが、

おそらく前から患っていたものなんでしょう。

他の病気についての情報はないので、死因の病気はこの心不全で間違いないでしょう。

顔画像や経歴

名前:小曽根実(おぞねみのる)

生年月日:1934年4月?日

出身地:兵庫県神戸市

職業:ジャズピアニスト・ハモンドオルガン奏者

小曽根実さんは小学校のころにピアノに親しみ始めていたそうです。

本格的に始めたのは関西大学に在学中のときで、ジャズ演奏ユニットを立ち上げ、

演奏活動なども行っていました。

テレビ音楽番組での演奏も担当されるようになり、

読売テレビ放送制作の「11PM」では9年間にもわたってピアノ演奏を担当していました。

阪神・淡路大震災の影響で自宅が被災しましたが、「神戸のジャズは健在なり」を合言葉に、

被災地の復興支援のための演奏なども展開しています。

死去される直前まで「神戸ジャズCITY委員会」の委員長を務めていました。


[スポンサーリンク]

まとめ

今回ピアニストの小曽根実さんですが死因となったのは病気で、

その病名は心不全ということがわかりました。

本当に優しい方だったようで、今回死去されたのが非常に残念です。

ご冥福をお祈りいたします。


[スポンサーリンク]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする