ギブソンの倒産理由や原因はなに?立て直しはもうきかない?

ども、れっかです!

あの有名ギターメーカーの「Gibsonギブソン」が倒産する可能性があると報じられたようです。

ギブソンと聞いて野球アニメのメジャーの登場人物のギブソンだと思っていたのですが、

どうやら違うようでした(笑)

多くの人がギブソンのギターなどを愛用していると思いますが、

その倒産理由や原因はなんなのでしょうか?


[スポンサーリンク]

ギブソン倒産の理由や原因

まず、あるニュースサイトがこう報道しています。

そのギブソンについて『ナッシュヴィル・ポスト』は次のように報じている。「年間10億ドル(約1060億円)以上の収入のある、ナッシュヴィル拠点のこの楽器メーカーが直面している状況は正常とはかけ離れています。CFOのビル・ローレンスは1年を経たずして会社を離れており、6ヶ月後には3億7500万ドル(約400億円)の担保付き上位債が支払期日を迎えます。それに加え、2013年に借りたこの債権が7月23日までに解消されない場合、さらに1億4500万ドル(約155億円)の銀行ローンも支払期日を迎えるのです」

ナッシュヴィルとはアメリカ合衆国テネシー州にある都市のことです。

ギブソンがそのナッシュヴィルを拠点としているみたいです。

倒産理由や原因としては、簡単に言うと売り上げがよくないといったところでしょうか。

ギブソンは創業約100年を超える歴史があり、最近の若者などはギブソンのギターではなく、

また違った会社のギターなどを買うことが多くなっているようです。


[スポンサーリンク]

立て直しはもうきかないの?

現状では倒産をする可能性があるというだけなので、

もう倒産するということがきまったわけではありません。

要するにまだ立て直しのきく状態なのですが、どうなのでしょうか。

それについては、

「株や不動産といった資産、期待するほどの成功を収めていない事業を我々はマネタイズしてきています。これらの資産のマネタイズによって我々は負債を減らし、活況な事業に充てるための資金を生み出すことができます。我々の事業にとって重要なのは財政的な成功に舞い戻ることです。我々の資金繰りにおいて最高の条件を達成しなければなりません」

と語られております。

資産を徐々に売却していき、最悪の事態を回避すれば立て直しの可能性はあるということですね。

まとめ

ギブソンといえば楽器好きの人ならほとんどの人が知っていてもおかしくないブランドですね。

そのギブソンが倒産となってしまうと悲しむ人も多くいると思います。

なんとか倒産の危機を逃れてほしいなと思いますね。


[スポンサーリンク]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする