大杉漣の死因の病気や病名は?経歴などについても調査!

ども、れっかです!

あの大物俳優で有名な大杉漣さんが急死されたと報道されました。

よくテレビなどで見ていたあの大杉漣さんがと思うと、非常に残念な気持ちです。

今回は、大杉漣さんの死因の病気や病名、経歴などについて調べていきます!


[スポンサーリンク]

大杉漣プロフィール・経歴

名前:大杉漣(おおすぎれん)

生年月日:1951年9月27日

出身地:徳島県

身長:178cm

血液型:B型

職業:俳優

ジャンル:舞台・映画など


[スポンサーリンク]

ニュース詳細

俳優の大杉漣さんの急死を受け、テレビ東京は21日、大杉さんが出演中の連続ドラマ「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」(同局系、水曜午後9時54分)について、同日に放送予定の第3話は予定通り放送すると発表した。28日の第4話、3月7日の第5話(最終回)の放送については現在検討中。遠藤憲一さんら共演者の追悼コメントも発表した。

遠藤さん、田口トモロヲさん、松重豊さん、光石研さんの4人は、連名で「余りにも突然のことで、メンバー一同、まだ現実を受け入れられないでいます」「喪失感は計り知れません」とあまりにも突然の死を悼み、「永遠に我々の目標であり、憧れでもある漣さんを、一同、心から誇りに思います」「お疲れ様でした。どうか、安らかにお休みください。漣さん、ありがとうございました」と感謝の言葉を綴った。

大杉さんは、数々のドラマや映画、CMなどで活躍。現在、放送中の連続ドラマ「バイプレイヤーズ」(テレビ東京、水曜午後9時54分)、人気バラエティー番組「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系、木曜午後7時56分)の人気コーナー「グルメチキンレース ゴチになります!」(ゴチバトル)にレギュラー出演している。4月スタートの吉高由里子さん主演の連続ドラマ「正義のセ」(日本テレビ系、水曜午後10時)にも出演する予定だった。

死因の病気や病名は?

今回大杉漣さんな死去されたとのことですが、その死因となった病気はなんなのでしょうか?

調べて見たところ、死因の病名は急性心不全だということがわかりました。

急性心不全といえば、急死を起こしてしまう病気だとして有名ですよね。

主に50代から60代にかけて起こりやすい病気だと言われています。

心不全とは、心臓から送り出される血液が十分に送られなくなり、

全身に送らなければならない血液が滞ってしまう病です。

これが急に起きてしまうのが、今回死因となった病気の急性心不全で、

高齢の方は体が耐えられずそのまま息を引き取ってしまう可能性が高いのです。


[スポンサーリンク]

まとめ

大物俳優の大杉漣さんが死去されたということで、非常に残念な気持ちです。

死因の病気や病名は、急性心不全だということで、一般的によく知られている病気でした。

心からお悔やみ申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする