伊達治一郎の現在の死因は?経歴や画像などについて調査!

ども、れっかです!

レスリングフリースタイル74キロ級モントリオール五輪で金メダルを獲得した伊達治一郎さんが、

死去されたとのニュースが報道されましたね。

現在の年齢は66歳だったとのことですが、死因はなんなのでしょうか?

経歴や顔画像などについても調べていきます!


[スポンサーリンク]

伊達治一郎の経歴や顔画像

名前:伊達治一郎(だてじいろう)

生年月日:1952年1月6日

出身地:大分県

職業:教師

伊達治一郎さんはオリンピックで銅と金メダルを1つずつ獲得しています。

佐伯農業高校を卒業後、国士舘大学進学。

卒業後はレスリングの練習をしながら国士舘大学で教師を務めていました。

選手を引退した後は、五輪の代表コーチに就任。

そして2018年2月2月20日に死去されました・


[スポンサーリンク]

ニュース詳細

レスリングフリースタイル74キロ級モントリオール五輪の金メダリスト・伊達治一郎氏が20日、20時過ぎに死去した。66歳だった。死因は、都内自宅マンションからの転落死だった。

伊達氏は大分県佐伯農業高校から、国士舘大学を卒業。72年のミュンヘン五輪には、レスリンググレコローマンスタイル74キロ級に出場し、三回戦で敗退した。

その後、フリースタイルに専念。76年のモントリオール五輪では前年世界2位のイラン選手にフォール勝ちするなど、圧倒的な強さで金メダルを獲得した。日本が弱いとされた中量級のレベルを高め、80年のモスクワ五輪にも出場が決まっていたが、日本がボイコットしたことで2大会連続の金メダルは幻となった。

卒業とともに国士舘大学の体育学部助手を務め、2015年からは国士舘大学の相撲部監督にも就任。国士舘大学によると、昨年行われた大学の創立100年記念式典で登壇し、挨拶も行っていたという。

通夜・告別式は親族のみの密葬で執り行われるという。

現在は死去・死因は何?

伊達治一郎さんは現在死去されてしまったとのことですが、その死因は転落死だそうですね。

どうやら都内自宅のマンションから転落したということで、

自殺なのではないかとささやかれています。

てっきり病気かなんかかと思っていたので、びっくりです。

金メダルも取ったことがあった伊達治一郎さんですが、

なぜ自殺をしようと思ったのでしょうか。

動機についてはどこのニュースサイトにも載っておらず、詳細がなかったのでわかりませんでした。

まとめ

金メダルをとったこともある伊達治一郎さんが死去されたということで、

非常に残念な気持ちです。

きっと何か大きな理由があったのでしょうね。

ご冥福をお祈りいたします。


[スポンサーリンク]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする