平昌オリンピック閉会式に宇野昌磨がいない理由は?田中刑事も?

ども、れっかです!

ついに終わってしまった平昌オリンピック。

多くの日本人選手が活躍をし、過去最多の13個のメダルを獲得しましたね。

あまり見たことのない種目もあったのですが、その種目も感動するものがありました。

そんな平昌オリンピックの閉会式が行われたわけなのですが、

その閉会式に宇野昌磨さんと田中刑事さんがいないということで話題になっています。

今回は宇野昌磨さんと田中刑事さんがいない理由などについて調べていきます!


[スポンサーリンク]

平昌五輪閉会式

日本選手団が過去最多となる金4、銀5、銅4の計13個のメダルを獲得するなど、大いに盛り上がりをみせた平昌五輪が25日、閉幕を迎えた。

夜に行われた閉会式では各国の旗手だけがまず入場し、旗手を務めたスピードスケート女子500メートル金メダルの小平奈緒(31)もニット帽にオレンジのウェアという姿で入場した。

その後、選手団も入場。日本はけがを乗り越えてフィギュアスケート男子で66年ぶりの2連覇を達成した羽生結弦(23)や銀メダルの宇野昌磨(20)、女子4位の宮原知子(19)らが笑顔で入場。羽生は両脇に立つボランティアのダンスに合わせて踊るなど、緊張から解放され、リラックスした表情を見せていた。

また、スピードスケート女子で金、銀、銅の3つのメダルを獲得した高木美帆(23)や、日本女子として初となる2個の金メダルを獲得した姉の高木菜那(25)らもスタンドに向かって手を振り、笑顔を振りまいた。

前日24日に日本勢初となる銅メダルを獲得したカーリング女子の本橋麻里(31)、藤沢五月(26)、吉田知那美(26)、吉田夕梨花(24)、鈴木夕湖(26)も、晴れやかな表情を見せていた。

宇野昌磨と田中刑事がいない理由は?

僕自身もリアルタイムで平昌オリンピックの閉会式を見ていたのですが、

確かに宇野昌磨さんがいませんでした。

田中刑事さんはネットでいないと話題になっていたのを目にしました。

羽生結弦さんはいたので、その付近にいるのかな?

と思い探したのですがやはりいない。

その宇野昌磨さんと田中刑事さんがいない理由を調べてみたのですが、

これといった詳細はありませんでした。

その2人がいない理由としてはネットでは、

▪閉会式のことを忘れて寝ている

▪宇野昌磨のことを田中刑事が探しに行っている

▪既に帰国をして練習をしている

▪体調が悪く閉会式に参加できない

▪人に埋もれてしまい確認できない

などといった理由が上がっています。

さすがに1番目と2番目はないと思いますが(笑)

人に埋もれてしまっているや体調が悪いなどの可能性が高いかなと思われます!


[スポンサーリンク]

ネットの声

やはり、寝ているかゲームしているかなどの声が多いようですね。

真相を知れる日は来るのかな・・・?

まとめ

平昌オリンピック最後の閉会式で宇野昌磨さんと田中刑事さんがいないのはびっくりですが、

きっとそれなりの理由があるんでしょうね!

閉会式を忘れて寝ている説にはさすがに笑いました(笑)


[スポンサーリンク]