向山貴彦の死因の病名や顔画像は?経歴についても調べてみた!

ども、れっかです!

翻訳家でクリエイターの向山貴彦さんが死去されたとのニュースが報道されましたね。

向山貴彦さんといえば、童話物語のことを思い出します。

今回はそんな向山貴彦さんの死因や顔画像、経歴などについて調べていこうと思います!


[スポンサーリンク]

向山貴彦死去ニュース

デビュー作のファンタジー小説「童話物語」や200万部以上の売り上げを誇る英語学習本「ビッグ・ファット・キャットシリーズ」などで知られる小説家、翻訳家でクリエーターの向山貴彦氏が5日、死去した。向山さんが設立したクリエーター集団「スタジオ・エトセトラ」が10日、公式サイトで発表した。47歳だった。

スタジオ・エトセトラの発表によると、かねて療養中だったが、3月5日午後2時5分に亡くなった。13日に東京・府中市の日華斎場で偲ぶ会を行う。

向山貴彦顔画像や経歴

名前:向山貴彦(むこうやまたかひこ)

生年月日:1970年?月?日

年齢:47歳

出身地:アメリカテキサス州

職業:小説家・翻訳家

向山貴彦さんはアメリカのテキサス州生まれの方なんですね。

名前からして日本生まれだと思っていました。

向山貴彦さんは3歳くらいの時に読書に興味を持ち始め、

図書館で過ごす日々が増えていったそうです。

1977年に両親と帰国し、中学高校と通い、その後に慶応大学に入学しています。

在学中に知り合った妻と結婚をし、「童話物語」「ビッグ・ファット・キャット」などの作品を出版しています。


[スポンサーリンク]

向山貴彦の死因の病名は何?

向山貴彦さんが死去されてしまったとのことですが、

その死因の病名とはなんなのでしょうか?

調べてみたところ、どうやら虚血性心不全だとのことです。

これはあるニュースサイトで見たものなのですが、

それが正しいのかまでは判別できません。

ただ、療養中だったということを考えると、

死因の病気は虚血性心不全の可能性が高いですね。

まとめ

小説家で有名な向山貴彦さんが死去されてしまいましたね。

まだ年齢は47歳と若いのに・・・

非常に残念な気持ちでいっぱいです。

ご冥福をお祈りいたします。


[スポンサーリンク]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする