栗城史多の指再生方法や指切断の原因はなんなの?

ども、れっかです!

皆さんは登山家の栗城史多さんという方をご存知でしょうか?

数多くの山を登頂していることで有名ですよね!

そんな栗城史多さんですが、どうやら過去に指を9本も失っていたそうです。

今回はその指の再生方法や、指切断の原因などについて調べていこうと思います!


[スポンサーリンク]

栗城史多プロフィール

名前:栗城史多(くりきのぶかず)

生年月日:1982年6月9日

死没:2018年5月21日

出身地:北海道

職業:株式会社たお代表取締役

栗城史多さんは高校生の時に登山と出会い、

そこから真剣に登山を始めたそうです。

2004年にはマッキンリーを登頂し、初めて取材などを受けています。

2005年には一気にペースアップしていき、

アコンカグア、キリマンジャロ、エルブルースなど数多くの山を登頂しています。

エベレストにも何度も挑戦しているほどの実力の持ち主なんですよ!

しかし、現在は・・・

栗城史多の現在は死去

今まで何回もエベレストに挑戦をしてきた栗城史多さんですが、

2018年5月21日のエベレスト9回目の挑戦において、

第二キャンプ付近で死去されていることが確認されたそうです。

エベレストの山頂を目指していた、登山家の栗城史多(くりき・のぶかず)さん(35)が21日朝、エベレストのキャンプで亡くなっているのが見つかったと、ネパールの「ザ・ヒマラヤンタイムス」が報じた。ベースキャンプの担当者が電話で伝えたところによると、シェルパがキャンプで栗城さんが亡くなっているのを発見したという。死因は明らかになってない。

今まで数多くの山に挑戦をし、登山家として活躍していただけに、

非常に残念な報告となりましたね。

指切断の原因はいったい何?

栗城史多さんは合計で9本の指を切断することとなってしまった過去があります。

その切断原因は何なのでしょうか?

いろいろと調べていると、どうやら穴あきの手袋を使っていたことが大きく関係しているようでした。

この穴あき手袋を使用してたことにより、指が凍傷となってしまったようで、

凍傷にかかったのは2012年のエベレスト4回目の挑戦のときだそうです。

凍傷にかかったのは手の指だけでなく、鼻や足の指も凍傷にかかってしまい、

黒くなってしまうなど重傷だったようです。

その結果合計で9本の指を切断することとなったのです。

指切断の原因は穴あき手袋を使っていたからということですね。


[スポンサーリンク]

指再生は結局できたの?

指に重度な凍傷を患ってしまった栗城史多さんですが、

どうにか再生をさせたいということでまずは、インドに治療をしに行くことにしました。

インドに向かったのは2012年11月のことです。

しかしインドでは、日本と同レベルの治療しかしてもらえず、

逆に感染症にかかってしまうなどマイナスなほうに動いてしまいました。

それでも指再生を諦められない栗城史多さんは、

様々な民間療法を試します。

8週間ほど民間療法を行いますが、結局治ることはなくどんどん悪化してしまいました。

黒くなっていた指はさらにどす黒くなってしまっています。

それからも様々な治療法を試しましたが、結局よくならず、

2014年3月には指を切断することを決めます。

指再生には多くの時間をかけましたが、結局完治することはなかったようですね。

相当本人も辛かったでしょう。

そんななか9回目のエベレストに挑戦しているという事実があり、

本当にすごい方だなと思いました。

まとめ

指切断の原因は穴あき手袋を使用していたからで、多くの指再生治療をしたが、

最終的には完治することはできなかったようですね。

現在は死去されてしまったとのことですが、

自分の好きなものに没頭できることはすごいことだなと改めて感じました。

ご冥福をお祈りいたします。


[スポンサーリンク]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする